成人式のお祝い

大人として認められる成人式のお祝い

振袖姿の女性 “おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます。”日として、毎年1月15日(現在は1月の第二月曜日に)を成人の日として国民の祝日に制定されています。
 満20歳になった男女は、法律上、社会人としてみなされ、選挙権なども与えられ、喫煙、飲酒も自己の責任で許される。各個人は一人の大人としての、義務と責任を負うことになる。

 

 かつては男は元服、女は髪上げや、男女とも歯を黒くするお歯黒の習慣もあったようです。
 今は、各市町村等が公的行事として、日本各地でこの日に、成人式を行い、満20歳になった男女を祝っています。
 この日はあちこちで、振袖姿の女性、スーツを着こなした男性をたくさん見かけられます。
 成人式の後、仲間同士で外食で祝ったり、家族で祝い膳を食べて祝ったりします。

成人式のお祝い関連エントリー