お七夜のお祝い

子供の名付けなどをするお七夜のお祝い

命名書 生誕後、七日目にする「お七夜」のお祝い。
 この日に名前を付けてもらい、皆にお披露目をします。
 名前の命名書は神棚に祭ったり、ベビーベッドに貼ったりして、皆に見てもらいます。
 昔は、生れたばかりの赤ちゃんの生存率は低く、悪魔に目をつけられ、あの世に引き戻されると思っていたので、この日まではボロ着に包んでいたそうです。
 この日に初めて、名前が付けられ、この世の人と認めらたようです。

 

赤ちゃん

お七夜のお祝い関連エントリー